思わず尊敬してしまう一面。

思わず尊敬してしまう一面。

先日実家に居る母から久しぶりに電話がありました。

母から電話を掛けて来る事は非常に珍しいと思いました。

「これは何かあったな」と思い色々と話を聞いてみる事にしました。

話を聞いてみると、先日の仕事に問題があったそうです。

私の母は実家でパン屋さんを経営しています。

パン屋さんと言っても販売は週に一度程で、後は全てパンの教室を開いています。

私は母は講師として色々な方にパンやケーキを教えているのです。

何日か前まで私の地元では大きな台風が来ていました。

その為電車が遅れたり、たくさんの学校が休校となったそうです。

そしてその台風は、母の教室にも大きな影響を出していました。

母の教室に来る生徒さんのほとんどは、母のように講師を目指す方が多いです。

その他にもこれからパン屋さんを経営しようと考えている方も居ます。

今では一般の主婦の方や学生の方の講師も母は勤めるようになりました。

しかし以前までは一般の方の講習を受け付けていませんでした。

母は一人で講習の準備を行っている為、生徒数を制限する必要があったからです。

現在は不景気だと言う事で、母もたくさんの生徒さんを募集する事になりました。

一般の方の募集も行うと言う事は、それ程たくさんの人と接する機会が増えます。

今まではある程度の知識を持った生徒さんばかりを集めていましたが、今ではパン作りの初心者の方もたくさん居るそうです。

母自体も「刺激があって楽しい」と言っていました。

しかし先日の台風で、いきなり生徒さんからのキャンセルが出たそうです。

基本的に教室はキャンセルを受け付けていませんでした。

なぜかと言うと、パンやケーキの材料は前日から用意する必要があるからです。

当日にキャンセルをされると、もちろん材料が全て無駄になってしまいます。

パンやケーキ作りを仕事として行っている生徒さん達は、もちろんこの事を知っています。

その為キャンセルなどは今まで一度も無かったのです。

しかし一般の方はその事を知らない為、母も何とも言えないと困っていました。

「キャンセル料とか取らないの?」と母に聞くと「取る訳にはいかない」と言っていました。

私だったら多分迷わずに取るだろうと思ってしまいました。

母は少しでも生徒さんを増やしたいと思っているらしく、何かあっても文句の一つも言いません。

そんな母の前向きな仕事ぶりを見ていると、何だか尊敬してしまいます(^^;)

横浜の婚活パーティー

贅沢ウニ丼を食べる♪

昨日の夕食はこれまでもかと言う程に贅沢なウニ丼でした♪

恋人の実家は元々海の幸が取れる地域です。

その為海水に入った新鮮にウニがたくさん届きました。

私の実家と恋人の実家では、全く食べれる物が違います。

私の実家は神戸が近い分、やはり牛肉がメインだと思います。

しかし恋人の実家は海の幸がとても豊富なのです♪

届いたウニをとりあえず冷蔵庫で冷やし、私はお味噌汁を作る事になりました。

ウニ丼はもちろん恋人が作ってくれました(^^)

ご飯をどんぶりに少しよそり、その上からウニをご飯が見えなくなる程たっぷりとかけました。

お寿司屋さんで食べれる軍艦を20人前程用意した程の量だったそうです。

その上からたっぷりの刻みノリをかけ、後はわさび醤油を垂らせば出来上がり☆

多分これを外食で食べていたらとても高いウニ丼になっていたと思います。

一応わざび醤油をかけて食べる事にしましたが、海水に浸かっていたウニだった為醤油はいらなかったかもしれません。

程良い塩味が利き、甘くて美味しいウニ丼でした。

正直ご飯とウニの割合を考えると、ウニの方が多くご飯をおかずに食べている気分でした。

私は海の幸が何よりも大好きな為、とても満足しました。

ウニの本場だと言われるオホーツク海の冷たい海の中で育ったウニは、とても綺麗なオレンジ色でした。

私の実家の方ではあまり海の幸が美味しいとは思えません。

ウニなんて薬品の味がすると言っても過言ではありません。

産地からは離れている為、仕方の無い事だと思います。

私が今まで見て来た黄色いウニとは、全く違いました。

来年もまた送って貰えるそうなので、楽しみに待とうと思います。

ウニと言えば、私はあまりウニがどのような場所で獲られているのかを知りません。

恋人の実家の方では、素もぐりでウニを獲る事が出来るそうですが…。

あんなにトゲトゲとした物を手で獲っても大丈夫なのかと思ってしまいます。

軍手をはめていたとしても、刺さるのではないでしょうか(--;)

ウニの中にはガンガゼのように毒を持つ種類もいるそうですし…。

素人が手を出せる物では無いのかもしれませんね。

ウニは一般的に岩などに張り付いて生活をしているそうですが…。

中には砂に穴を掘って暮らしているウニもいるそうです。

毒があると言われているガンガゼなどは、熱帯地方の砂の中で群れで生活をしていると聞きました。

私も一度で良いのでウニ漁に参加してみたいと思いますね。

そしてそのまま獲れたてのウニを割って食べてみたいと思います。